ニュースリリース

2014年8月18日

トライベックが「ウェブサイト価値調査」などを実施するブランド戦略コンサルの日本ブランド戦略研究所を子会社化
~オウンドメディアにおけるブランド戦略支援やシンクタンク事業をさらに強化~

 トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:殿木 和彦)は、株式会社日本ブランド戦略研究所(所在地:東京都港区、代表取締役社長:榛沢 明浩)を子会社化します。

■両社の持つノウハウを融合し「選ばれる」ためのコミュニケーションを追求

 近年、オムニチャネル時代と言われる中で、企業は生活者とのあらゆる接点を最適化し、コミュニケーションすることが求められています。しかし、情報過多にさらされている生活者にとって、こうした接点となりうるメディアが氾濫している状況に戸惑い、どこから情報を得るべきか、信頼できる情報はどこなのかを、取捨選択している状況です。企業は生活者に「選ばれる」立場にあり、「選ばれる」ためのコミュニケーションが必要不可欠になっています。こうした背景において、特に重要な役割を果たすメディアこそが、企業の唯一の公式メディアであるオウンドメディアと言えます。オウンドメディアは企業そのものであり、ブランドそのものであると言えます。

 トライベック・ストラテジーはこうした中で、企業向けにオウンドメディアを中心としたデジタルコミュニケーション戦略や構築支援を行ってきました。さらには、オウンドメディアの使いやすさを可視化したユーザビリティランキングや、ロイヤリティを可視化したWLS(ウェブロイヤリティスコア)など数々の調査を実施し、そのノウハウを元に、数多くのオウンドメディアコンサルティングを実施しています。

 一方、日本ブランド戦略研究所は、ブランド戦略コンサルを強みとして、ウェブサイト価値調査、BtoBサイト調査などのランキングを発表しているほか、ネット視聴率測定システム「Reach Next」を用いたコミュニケーション効果、オウンドメディア効果を測定するなどして、データ分析のノウハウを蓄積しています。

■オウンドメディア、ブランド戦略によるシンクタンク事業を強化

 この度の子会社化によって、両社の持つオウンドメディア、ブランド戦略における圧倒的なノウハウを融合することにより、これまで以上に企業に対する高度なデジタルマーケティング支援を強化すると共に、オウンドメディアの価値を可視化する多様なランキングや、長年にわたって実施してきた客観視点での調査・分析力を活かしたシンクタンク事業についても強化していく予定です。

2014年12月にオフィスを移転いたしました。
移転先の詳細はこちら
※以下の会社概要・お問い合わせ先は発表当時の情報です。

【トライベック・ストラテジー株式会社について】

会社名
トライベック・ストラテジー株式会社
所在地
東京都渋谷区恵比寿一丁目21番3号 恵比寿NRビル5階
代表者
代表取締役社長 殿木 和彦
設立
2001年9月4日
資本金
8,765万円
事業内容
Webコンサルテーション、インテグレーション事業(Web戦略策定からサイト構築、運営支援までのトータルソリューションをワンストップで提供します)
URL
http://www.tribeck.jp/

【株式会社日本ブランド戦略研究所について】

会社名
株式会社日本ブランド戦略研究所
所在地
東京都港区東新橋1-3-9 第4小田ビル
代表者
代表取締役社長 榛沢 明浩
設立
2003年3月24日
資本金
2,500万円
事業内容
ブランド戦略コンサルティング、調査事業
URL
http://japanbrand.jp/

【本件に関する報道関係者の方からのお問い合わせ先】

トライベック・ストラテジー株式会社

担当
コンサルティング事業本部
TEL
03-5421-8080
FAX
03-5421-8081
E-mail
consulting-info@tribeck.jp

お問い合わせ

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

ウェブロイヤリティスコア(WLS)
オウンドメディアの総合力を3つの評価によって可視化することで、オウンドメディアを通じた顧客ロイヤリティ、さらにはそこに影響を与える要因についても客観的に把握し改善につなげることが可能です。
ユーザビリティ診断
徹底したユーザー視点でWebサイトのユーザビリティを100点満点でスコアリングすることで、Webサイトのユーザビリティの問題点を客観的に把握することができます。競合サイトとの比較や、リニューアル前後の比較も可能です。
Insight Finder
Insight Finder
トライベックのUXフレームワークに基づいたリモートユーザーテストにより、従来のユーザー調査に比べて短期間・低コストで、サイト来訪からコンバージョンに至るまでのユーザー行動プロセスにおける“インサイト”を浮き彫りにします。