ニュースリリース

2011年7月13日

府省サイト、使い勝手の良さ1位は2年連続で「宮内庁」 2位「厚労省」が大幅ランクアップ

 トライベック・ストラテジー株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:小川 淳)は、「Webユーザビリティランキング2011<府省サイト編>」を実施し、前年度より「内閣府」を加えた全29府省サイトのユーザビリティ(使い勝手や安全性など)を評価しました。調査は2011年4月から5月下旬にかけて実施しました。

■評価トピックス
 東日本大震災という未曽有の災害に見舞われ、われわれ国民の生活や価値観は大きく変化した。インターネット上にさまざまな情報が飛び交う中、そのうちデマとも言える情報が多かったのも事実である。一方、これまでインターネットで情報を取得することがなかった国民も、よりタイムリーで正確な情報を得ようとインターネット上の情報にアクセスするようになった。こうした中で、特に政府としての情報発信は重要度を増し、より「正確かつタイムリーな情報発信と公開」のみならず、「さまざまな利用者に対して分かりやすく、使いやすい情報発信サイトの提供」が求められているのが現状である。こうした背景において、昨年に引き続き実施した「Webユーザビリティランキング2011<府省サイト編>」は、政府機関としての国民に対する情報発信姿勢を問うものであると考える。改めて、Webサイトが国民目線で構成されており、使いやすさに配慮されているのか、結果的に適切な情報発信ができているのかを評価した。

 Webサイトは政府機関にとって、国民への情報発信ツールとして重要な役割を担うべきものだが、使いやすさの点での平均(66.88点)は昨年5月に発表した2010年度版に比べて、2%弱の上昇に止まり、ほぼ変わらないという残念な結果となった。この結果は、「主要企業Webユーザビリティランキング<企業サイト編>」の150社平均(78.44点)と比べて12ポイントのマイナスになっている。さらに今年6月に発表したばかりの「Webユーザビリティランキング<自治体編>」の47都道府県平均(70.01点)と比べて4ポイント近くマイナスとなっており、国の最高機関として、改めて国民目線での情報発信について再考していただきたい。

 ランキング結果1位は2年連続で「宮内庁」となった。昨年同様、情報整理の観点において全般的に高得点だが、さらに昨年課題だった「ヘルプ・安全性」への取り組み成果も評価できた。

 さらに注目すべきは「厚生労働省」の大幅なランクアップである。「厚生労働省」は今年3月、これまでのWebサイトを「国民目線で分かりやすい」サイトへとリニューアルした。その結果、特に「トップページの明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」において大幅な改善が見られ、全体的なスコアを昨年より34.14ポイントと大幅上昇させた。

 また、上位の「観光庁」や「文部科学省」においても利用者の使いやすさに配慮した部分リニューアルなどを実施しており、民間企業と比較しても遜色のない使いやすさを確保している。

 一方でリニューアルを行ったものの、大幅なランクアップができなかった府省庁も少なくない。デザインなどの見た目を変えれば良いというわけでなく、あくまで国民目線に立ち、何が問題で、どう改善していくべきかを十分に検討した上でリニューアルを実施する必要がある。

 全体的には、特に「トップページの明快性」「ナビゲーションの使いやすさ」において問題点が散見された。

 「トップページの明快性」:利用者にとって、情報を探そうと該当府省サイトの「トップページ」にアクセスしても、「どんな情報がどこに格納されているのかが分かりづらい」という印象を与え、不要なクリックによってストレスを与えてしまう可能性がある。

 「ナビゲーションの使いやすさ」:膨大なコンテンツ量を持つ府省サイトにおいては、「Webサイト内で利用者が迷子にならないための配慮」が必要不可欠である。ただし、多くのサイトで適切なナビゲーションをしているとは言えず、「共通のナビゲーションが分かりづらい」「自分がどこにいくのか見失ってしまう」「関連する情報が閲覧できない」といったサイト内回遊不備を起こしている状況が散見された。

 また、「コンテンツの適切性」や「ヘルプ・安全性」においても多くの課題が見られる。「コンテンツの適切性」については、ページの見易さやラベルの分かりやすさという点で、利用者視点に立っているとは言い難い。事実を淡々と伝えるために文章を羅列するだけでなく、利用者視点に立って、分かりやすく伝えるための表現やレイアウトを工夫する必要がある。これはアクセシビリティの観点においても重要である。さらに「ヘルプ・安全性」においては、個人情報取得プロセスにおいてのユーザビリティの悪さ、FAQを中心とするヘルプ・サポートコンテンツの不足が目立つ。国民との意見交換、コミュニケーションの重要性が増す昨今において、こうしたフォームの使いづらさは利用者の不信を煽るものになってしまうので気をつけたい。

◎全29サイトのランキング結果をすべてご覧になりたい方はこちら
http://www.tribeck.jp/usability/ranking/2011gov/

<参考資料>
・サイト上位10位ランキング

順位(前回順位) 府省/サイト名
1(1)  宮内庁
2(24)  厚生労働省
3(3)  観光庁
4(2)  文部科学省
5(4)  国税庁
6(5)  防衛省
7(6)  金融庁
8(9)  経済産業省
9(11)  気象庁
10(12) 外務省

■評価方法
 トライベック・ストラテジーのユーザビリティ診断プログラムを用いて、「アクセス性」、「サイト全体の明快性」、「ナビゲーションの使いやすさ」、「コンテンツの適切性」、「ヘルプ・安全性」の5評価軸、全96項目について評価した。

2014年12月にオフィスを移転いたしました。
移転先の詳細はこちら
※以下の会社概要・お問い合わせ先は発表当時の情報です。

【会社概要】
会社名 トライベック・ストラテジー株式会社
住所  東京都渋谷区恵比寿1丁目21番3号 恵比寿NRビル5階
代表者 代表取締役社長 小川 淳
設立  2001年9月4日
資本金 8,765万円
事業内容
Webコンサルテーション、インテグレーション事業
(Web戦略策定からサイト構築、運営支援までのトータルソリューションをワンストップで提供します)
URL http://www.tribeck.jp/
http://www.tribeck.jp/usability/index.html(ユーザビリティランキング)
http://www.facebook.com/TribeckStrategies(Facebookページ)

【本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先】
トライベック・ストラテジー株式会社
担当 斎藤 / 中村
TEL 03-5421-8080
FAX 03-5421-8081
E-mail:u100@tribeck.jp

お問い合わせ

Web戦略策定からサイト構築、オペレーションまで、最適なワンストップのソリューションを提供します。
お気軽にお問い合わせください。

ウェブロイヤリティスコア(WLS)
オウンドメディアの総合力を3つの評価によって可視化することで、オウンドメディアを通じた顧客ロイヤリティ、さらにはそこに影響を与える要因についても客観的に把握し改善につなげることが可能です。
ユーザビリティ診断
徹底したユーザー視点でWebサイトのユーザビリティを100点満点でスコアリングすることで、Webサイトのユーザビリティの問題点を客観的に把握することができます。競合サイトとの比較や、リニューアル前後の比較も可能です。
Insight Finder
Insight Finder
トライベックのUXフレームワークに基づいたリモートユーザーテストにより、従来のユーザー調査に比べて短期間・低コストで、サイト来訪からコンバージョンに至るまでのユーザー行動プロセスにおける“インサイト”を浮き彫りにします。